ジスロマックは3日服用で1週間効果が持続

ジスロマックはマクロライド系の抗生物質で、たんぱく質の合成を阻害して最近の増殖を防ぐ効果があります。
インフルエンザ菌、化膿レンサ球菌、黄色ブドウ球菌、淋菌(淋病)、マイコプラズマ、ニューモニエ、肺炎クラミジア、歯周病など多くの菌に効果を示します。
ジスロマック1日1回、3日間服用することで7日間から10日間持続した効果が得られる優れものです。

カレンダーと砂時計

飲み忘れると効果がしっかりと得られないのが薬です。
高齢の方が、薬を飲み忘れるのは決して少ないことではありません。
基本的に1日1回3日間の服用で7日間から10日間の持続した効果が得られます。
服用回数が少なくて済むのは服用する側の負担軽減につながります。
服用する人も介助する人にもメリットがあると言えるでしょう。

ただ、このメリットを利用して、少しの事でも毎回、同じ抗生物質を利用していると、耐性菌というものができてしまい、その薬がまったく効かず逆に悪化してしまうこともあります。
そういった場合には、耐菌性のない抗生物質を服用することになりますが、本当であればジスロマックが効果を存分に発揮できる菌だった場合は、耐性菌があることは本当に残念なことです。
そうならないためにも、1日1回、3日間服用の楽さを利用して、ジスロマックばかり処方してもらうのではなく、大したないときはほかの抗生物質を処方してもらい服用するなどの、対応も必要です。
その辺は医師はしっかりと理解しているので、あまり自分の意見ばかりを主張しないで、医師の治療方針に従い治療を進めていくことが一番良いでしょう。
副作用もほかの薬より少なくメリットが優れている薬なので、本来必要な時に薬の最大限の効力を発揮して貰えるようにしたいものです。

ジスロマックの副作用と危険な飲み合わせ

抗生物質であるジスロマックは、皮膚感染症、中耳炎、尿道炎、クラミジアなど幅広い感染症に効果を発揮する薬です。
その為、男女年齢を問わず幅広い方に処方される事の多い薬と言えるでしょう。
そんなジスロマックは、副作用も比較的少ないと報告されています。
勿論、完全に副作用がないとは言い切る事は出来ず、吐き気、胃痛、下痢といった副作用が報告されているのは事実です。
しかし、いずれの副作用も重篤なものではない事から服用後に余程体調を崩さない限りは大丈夫と言えるでしょう。

ただしジスロマックには併用すると危険が伴うとされる薬が、多数報告されています。
まず挙げられるのが、免疫抑制薬であるシクロポリンです。
シクロポリンと併用すると、腎障害の副作用を招きかねないので要注意です。

STOPをする医師 続いて挙げられるのが、水酸化アルミニウムや水酸化マグネシウムといった制酸剤です。
制酸剤はジスロマックの有効成分の吸収の妨げになるだけでなく、血液中の成分濃度を低下させてしまいます。
その為、どうしても併用が必要な場合には時間を空けて服用するなどの工夫を施しましょう。p>

さらに抗血栓薬であるワーファリンを併用すると、ワーファリンの作用が強く出てしまうと事が報告されています。
ワーファリンの作用が強く出てしまうと、肝臓の代謝酵素の働きの妨げになってしまいます。
そしてカルシウム拮抗薬も、ジスロマックと併用する事によって、血圧の低下を招くと言われています。
このようにジスロマックは男女年齢を問わず使える上に、副作用も少ない抗生物質です。
しかし他の薬との組み合わせを間違えれば、危険な状況を招きかねないという事を念頭に置いた上で、服用するようにしましょう。

クラミジアの治療について

クラミジア治療で最も使われているジスロマック以外にもクラリシッドやミノマイシンなどクラミジアに効果がある薬はあります
クラミジアに効く薬

ジスロマックとバルトレックスの併用は大丈夫?

性病は一度かかるとパートナーに移る可能性も高く、放置していても症状が悪化するだけです。
病院に行くのが恥ずかしかったりいく時間がないという方はインターネットで治療薬を購入することができますし、性病かどうかの検査もすることができるので利用しましょう。

ジスロマック・バルトレックスは共にクラミジア・性器ヘルペスなどの性病の薬として有名です。高い効果を期待できます。
女性の医師 ジスロマックは高い抗菌力を持っていますし、バルトレックスは副作用が軽い薬として知られ、ウイルスが神経内で増殖し、症状が悪化するのを防いでくれます。
薬によっては飲み合わせが悪く逆に大きなトラブルを起こすことになる危険なものもありますが、ジスロマックとバルトレックスは併用しても問題ありません
むしろ、併用することで感染が悪化することなく早期治療ができるのでおすすめの飲み合わせなのです。

ただ、どちらも決して安いとは言えず2種類を取り合わせると相乗効果があるとは言っても予算の面で躊躇してしまいがちなものです。
そんなときにもインターネット通販や個人輸入がおすすめなのです。
医師の処方箋の元で購入するよりも安く購入が可能です。
長期的に使用すると考えるとかなりのお金が節約できるのです。
しかも中身が分からないようにして送ってくれるなどプライベートへの配慮も行き届いていることが多く、周りに知られることなく治療に専念できます。

自身で購入する以上は何かあっても個人の責任です。効果の高い薬だけに、副作用についても知っておきましょう。
それぞれに飲み合わせ注意な薬というのは存在するため、医師に相談するなどして用法用量を守りながら利用しましょう。
自身のためにもパートナーのためにも適切な治療を行なうことは大切です。