ジスロマックは淋病にも効果がある

驚く男性
ジスロマックは細菌の増殖を抑え、殺菌するための薬です。様々な細菌に効果的で、細菌が原因による全身の病気に用いられます。また、細菌による二次感染時や予防のために使用されることもあります。

性病には細菌が感染することで引き起こされるものも多く、ジスロマックで治療を行う代表的な性病にクラミジアや淋病があります。淋病は1回の性交渉で感染する確率が約30%と高いのが特徴で、クラミジアとの同時感染も多く見られます。男女両方に感染しますが、風俗店でのオーラルセックスで感染することが多いため、患者数は男性の方が多いと考えられています。

男性が主に淋病に感染するところは尿道です。 主な症状としては、尿道からの分泌物や排尿時の激しい痛み、残尿感や不快感、精巣上体の腫れなどが現れます。尿道から出る分泌物は、白から黄色の粘り気がある膿です。治療せずに放置しておくと、細菌が尿道から上昇して感染し、前立腺炎や血精液症になることもあります。精巣上体炎になると陰嚢に激しい痛みを感じたり、重症化すると治療しても無精子症になる可能性もあるので注意が必要です。

女性の場合は、まず子宮頸管へ感染して炎症を起こします。細菌は腹腔内に進入し、卵管炎や骨盤腹膜炎などを起こすと、子宮外妊娠や不妊症の原因になります。女性の場合は下腹部の痛みや不正出血などの症状が出ますが、男性に比べて自覚症状に乏しい場合があります。妊婦が淋菌に感染していても、お腹の中にいる胎児の間は感染しません。しかし、分娩時に産道を通過する時に母子感染を起こします。赤ちゃんが山道で細菌に感染し淋菌性結膜炎を起こすと、結膜炎や角膜潰瘍など引き起こしてしまうことがあります。