リンパ炎に効くジスロマックで相手に感染させない

女性の医師
ジスロマックはリンパ炎など、細菌が引き起こす病気に対して処方されます。抗菌作用があり、細菌がジスロマックの成分を取り込むことで成長が阻害されます。服用を続けると菌が根絶されて完治します。こういった効果があるジスロマックですが、性病に対する治療にも用いられます。性病は細菌が起こしているため、同様に効果があります。性病は放っておくと相手に対して感染させてしまう危険がある病気であるため、治療をして根絶しておく必要がありますが、そういった治療に用いられます。服用後比較的早く症状が緩和されますが、その時点で服用をやめるのは適切ではありません。なぜなら、菌が完全に根絶していない状態であれば、服用をやめてもしばらくすれば再発してしまうからです。しかも、抗生物質を中途半端に利用した結果、耐性のついた菌が増えて症状がより悪化するということもあります。そのため、用法はきちんと定められた期間服用して、症状が無くなったからといって服用をやめてはいけません。
ジスロマックは処方薬であるため、処方をしてもらいたい場合は病院に行きます。性病の治療などには保険適用となりますので、自己負担はある程度は抑えられます。ただ、歯周病の治療などの場合は自己負担となる場合がありますので、その場合は比較的高い負担を強いられます。どの場合に自己負担でどの場合に保険適用化については、医師に質問することで教えてもらうことができます。
ジスロマックは個人輸入で購入することもできますし、その場合は処方箋は必要ありません。多くの個人輸入代行業者がサイトで宣伝を行っています。この場合は安く購入することができますが、何かあったときには自己責任となりますので、きちんと病院で処方してもらうのがベストです。