女性器にイボを発見したらジスロマックを使用

困った様子の女性
性行為をすれば、性病になるリスクも高まります。
性行為を経験した女性が、トイレで排尿中に女性器に痒みを感じて、女性器を調べてイボが出来ている場合は、クラミジアではなく、性病のコンジローマに感染している可能性があります。

コンジローマの発症原因はウイルスで、ウイルスが良性の場合にコンジローマができ、ウイルスが悪性の場合は、最近話題の子宮頸がんや、子宮筋腫などを引き起こします。
そして、良性ウイルスでも悪性ウイルスでも、イボの症状が出て、どちらにたいしてもジスロマックが効果的です。

抗生物質であるジスロマックの効果は、血中にある血小板からウイルスを殺菌でき、性病のコンジローマや、子宮がんや、子宮筋腫などを引き起こすウイルスを死滅させる事ができます。
性行為によってウイルスが感染する原因は、性行為で性器の皮膚や粘膜に小さな傷が出来て、原因のウイルスが血小板に侵入して発症します。
性行為によるため、主に性器に症状がでますが、口を使った性行為をすれば口唇や口腔内にも発症する場合があります。

発症した患部は、男女ともにピンク色や茶色のイボができ、稀に黒いイボもできます。
外見上はイボが出来ますが、自覚症状として痒みと若干の痛みしかないため、性病に掛かった自覚が無く、別の男性や女性と性行為する事で感染が拡大していきます。
トイレで排尿中に性器に痒みや軽い痛みを感じたら、イボが出来たかを確認して、泌尿器科病院で検査を受ける事が望ましいです。

治療では、血小板に感染したウイルスの殺菌にジスロマックを注射器で投与し、ジスロマック以外に塗り薬を使用します。
これらの治療には、健康保険が適用されるので金銭的な負担は少なく、塗り薬も1週間に3回程度自分で性器に塗るだけなので容易に治療できます。